水溶性ケイ素はお肌にも効果がある

いつまでもキレイでいたいと思うのは、女性なら誰もが思うことだと思います。

キレイかそうでないかといったら、キレイでいるほうがいいに断然決まっています。

女性は何かとキレイでいるほうがお得です。

別にまわりにちやほやしてもらいたいわけでは決してないと思いますが、それでも知らない人には外見で判断されてしまうので、見た目はキレイにしておくのが無難だと思います。

ケイ素は体内で作ることができません。

それにもかかわらず、体内では毎日ケイ素は消費されてしまっています。

そのためにもケイ素を自分で体内に摂取するようにしていかないといけないんです。

もちろん、ケイ素を体の中に取り入れることも、さきほどの理由などから必要です。

ケイ素は、水溶性ケイ素という形で、人の体に取り入れることになります。

このケイ素は体の中に取り入れることはもちろんのこと、体の外側から体の部分にかけるという方法を取っても、キレイになれるんです。

体の部分にかけるとは、具体的に体の部分にスプレーなどを使って、かけることを意味します。

たとえば、普段使っている化粧水に水溶性ケイ素を溶かして、それをお肌にスプレーします。

スキンケアをする女性

スプレーは100均一などで売られているもので十分です。

水溶性ケイ素の濃縮液10mlあたり水100mlの濃度が最適だと考えてもらってよいかと思います。

この濃度で水溶性ケイ素を溶かした化粧水をお肌にスプレーすることで、お肌に成分が浸透しやすくなって、より効果を得ることができます。

こういった使い方は化粧水だけでなく、ほかにも使い方があります。

水に先ほどの濃度のケイ素を作ってそれを頭皮にスプレーして逃避マッサージを行うと、頭皮の老化を防ぐ効果を期待することができます。

頭皮はたまにマッサージをする必要がある部分です。

そのマッサージをするときにケイ素を溶かした水を使うことで、より効果を得ることができるというわけです。

そのほかには、普段使っているシャンプーやリンス、コンディショナーなどに同じようにケイ素を溶かして使うと、よりシャンプーなどの効果を得ることができるようになります。

これらのように、体の外側からケイ素を使って、美容効果を得ることもできますので、是非、水溶性ケイ素を普段の生活に取り入れてみてください。